FC2ブログ

というわけで第4回

というわけで、これが第4回ですね。



北原先生の動画をお借りしておいて、愚拙がこういうことを
申すのは礼を失することかも知れませんが、コレ、愚拙が
ここで書いてきたことをお読みいただければお分かりに
なることかと思います。
確認の意味で、これまでご紹介致しました。
ご興味の沸いた方は、チャンネル登録をなさるなりして、
今後もご覧になられると良いと思います。

きむら接骨院
スポンサーサイト



テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

慢性痛講座:3

北原先生の更新が頻繁で・・・

今回ご紹介したのは3回めのヤツですが、既に第4回が
upされています。

サムネイルの画像だけをご覧になって、わかったつもりになってちゃ
ダメだよと。

個人的には、「ちょっと異議あり」のところがあるんだけどね。
北原先生とて「絶対」ではないということかな。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

推奨書籍:③

当院推奨書籍ご紹介、本日は第三弾!
これは専門書の部類になるのかな・・・
でも、難解用語を調べながらでも読めば問題なし。
難解用語を調べていたら難解用語が出てきて、それを
調べていたら…ということがあっても、それも良し。

「宿命か?」って疑問形のところで、もう「正解」を予測して
いらっしゃる方が多いと思うんですけど・・・
読んで色んなことを知って欲しい、色んなことを考えて欲しい。
そのための最良質レベルの「素材」としてお奨め致します。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

推奨書籍:②

推奨書籍の2番めはコチラ↓

昨日ご紹介した書籍の補足解説を含む内容。
あえて言えばCD要らんかなと。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

推奨書籍:①

不定期に書籍のご紹介を致しておりますが…
前回はいつだっけ?

今回はコチラ↓
41zTpMyCBfL.jpg
急性腰痛の概念にパラダイムシフトを起こした…っていう話しは
もう良いよね?
必見なのは体系的評価(=systematic review)に基づく治療法の評価です。
日本の急性腰痛診療の定番、コルセット、注射療法、安静の評価は?
(因みに、「足を整えること」は評価の対象にすら入っていません。)

オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ諸国等と並ぶ腰痛診療先進国であるニュージーランド。

・診断よりも、まずは鑑別。(レッドフラッグ徴候の有無の確認)
・レッドフラッグ徴候がなければ、画像の検査は不要。
・「痛み」に対する古い常識が、患者さんの回復を遅らせる。

大雑把に言えば、趣旨はこんな感じです。

さて、日本ではどうなんですかね…

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR