FC2ブログ

私がこれまでお伝えしてきたこと

誤解されることが多いのですが、私がこれまでお伝えしてきたことは、
私の持論でも仮説でもありません。
そうは言っても、系統立ってお伝えしないと、やはり伝わりにくい
でしょうから、機会を見計らって系統立ってお伝えしようと思います。
--------------------------------------------------------
■従来の腰痛概念に重大な転機が訪れたのは、アメリカ医療政策
研究局(AHCPR)が1992年までに発表された急性腰痛に関する論文の
 体系的レビューを実施し成人の急性腰痛診療ガイドライン』を
報告した1994年のことである。
http://1.usa.gov/uhlYSO
(↑リンク有効期限切れかも知れません)
------------------------------------------------------
まずは出処について。米合衆国医療健康政策局が
発表したものであると。
次。
------------------------------------------------------

■AHCPRが『成人の急性腰痛診療ガイドライン』に着手した理由は
 次の4点。

(1)アメリカでは腰痛の罹患率が15~20%と高く、就業不能の
 原因として挙げられる第1位が腰痛である。
http://amzn.to/vrNNX9 http://1.usa.gov/rCoRH0

 (2)腰痛はプライマリーケアにかかる患者が訴える2番目に多い
 症状であり、整形外科医・神経外科・産業医を訪れる最大の
 理由でもあり、外科手術を受ける3番目に多い疾患でもある
 ことから、経済的・心理社会負担がきわめて大きい。
http://1.usa.gov/vfUs5A

 (3)腰痛による活動障害のある患者の大部分は臨床転帰を改善
 させる有効な診断と治療を受けていないという科学的根拠が
 増加中。
http://1.usa.gov/skKUsb
 http://1.usa.gov/ta2GAI http://1.usa.gov/sWhMm0

 (4)腰痛の研究機関が増加してきたために、一般的に行なわれて
 いる腰痛治療の体系的評価が可能となった。
 現存する科学論文には欠点があるものの、現在行なわれている
 治療法の有効性と安全性に関する結論には充分な科学的根拠が
 ある。
http://1.usa.gov/uhlYSO
------------------------------------------------------
日本国内で公表されている統計各種からは、日本も米国と
似たような状況かと推測されます。
重要なのは(2)と(3)。
(4)は「『治療法の有効性と安全性』」の両面から評価をするよ、
この評価には充分な科学的根拠があるよ」と言っているわけですね。
これも重要。
ここから先、検査の有効性&安全性、治療法の有効性&安全性、
予防についても触れられていくわけですが、近年の調査・研究から
アップデートされていくものも、当然あります。

ということで、今回はここまでです。
この続きは、また機会を見計らって掲載致します。

きむら接骨院
スポンサーサイト



テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

というわけで第4回

というわけで、これが第4回ですね。



北原先生の動画をお借りしておいて、愚拙がこういうことを
申すのは礼を失することかも知れませんが、コレ、愚拙が
ここで書いてきたことをお読みいただければお分かりに
なることかと思います。
確認の意味で、これまでご紹介致しました。
ご興味の沸いた方は、チャンネル登録をなさるなりして、
今後もご覧になられると良いと思います。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

推奨書籍:③

当院推奨書籍ご紹介、本日は第三弾!
これは専門書の部類になるのかな・・・
でも、難解用語を調べながらでも読めば問題なし。
難解用語を調べていたら難解用語が出てきて、それを
調べていたら…ということがあっても、それも良し。

「宿命か?」って疑問形のところで、もう「正解」を予測して
いらっしゃる方が多いと思うんですけど・・・
読んで色んなことを知って欲しい、色んなことを考えて欲しい。
そのための最良質レベルの「素材」としてお奨め致します。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

推奨書籍:②

推奨書籍の2番めはコチラ↓

昨日ご紹介した書籍の補足解説を含む内容。
あえて言えばCD要らんかなと。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

30年前の指導管理を聞いているような気分・・・

急性腰痛の患者さんがご高齢の場合、依然として「安静に。入浴も避けて。」との
ご指導のようですが…

■毎日の入浴で心血管疾患リスク低下か

毎日お風呂に浸かる習慣は、虚血性心疾患や脳卒中による死亡リスクの低さと関連し
ているという。この関連が長期的な大規模疫学研究から示されたのは世界初。大阪健
康安全基盤研究所、国立がん研究センターなどによる日本人を対象とした研究。

日本人において一般的な浴槽入浴は、睡眠の質と健康への自己評価の高さに関連して
いるが、心臓発作、心臓突然死、脳卒中といった心血管疾患のリスクに対し、どのよ
うな長期的影響を与えるかは明らかになっていない。

これまで、動物実験や少人数の人を対象とした研究では、浴槽入浴が糖尿病や肥満の
改善効果が示されていたものの、一方で、浴槽入浴が脳卒中や突然死を引き起こすと
の報告もあり、浴槽入浴と心血管疾患との関連ははっきりしていない。

このことを調査するために、研究者らは多目的コホート研究(JPHC研究)のデータを
分析した。対象としたのは、研究参加者のうち循環器疾患及びがんの既往がなく、詳
細な調査アンケートに回答した30,076人とした。
(以下略)

https://heart.bmj.com/content/early/2020/03/03/heartjnl-2019-315752

安静臥床が3日?4日?以上で筋萎縮や深部静脈血栓症の発症リスクが
高くなるそうですが、高脂血症が併存する患者さんへの「安静」の指導は、
慎重に勘案されたほうが…。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR