FC2ブログ

これが「より良い運用」だと思う

パワーアシストスーツは、日本では荷役労働に携わる方々や
介護職の方々の為に開発を進めているようですが・・・

以下はニュースサイトからの転載

■脳波で操作する外骨格型スーツの実験に成功

 脳波で全身の「外骨格」を操作するアシスト付きスーツを着用することで、四肢麻
痺患者が再び手足を動かせるようになったという研究結果を、フランスの研究チーム
が「Lancet Neurology」10月3日号に発表した。このプロジェクトは、フランスの生
物医学研究センター、クリナテックとグルノーブル大学が共同で行ったもの。プロ
ジェクトのチーフを務めたGuillaume Charvet氏は「脳信号を読み取って、リアルタ
イムで“外骨格”を制御するスーツを活用することで、四肢麻痺患者が歩けるように
なったのは今回が初めてだ」と話している。

 2年間にわたるこのプロジェクトには、リヨン在住の28歳の男性患者、Thibaultさ
んが参加した。Thibaultさんは4年前に約12メートルの高さから転落し、四肢麻痺に
陥った。

 Thibaultさんは2017年、運動機能や感覚を司る脳領域の頭表部に、64個の電極がつ
いた小型のワイヤレスセンサーを埋め込む手術を受けた。これらのセンサーは脳信号
を読み取り、ワイヤレスでコンピュータに送信、変換し、外骨格型のスーツに脳の指
令を送って動かすという仕組みだ。

 Thibaultさんは、3カ月以上にわたって画面上のアバターを動かすシミュレーショ
ンプログラムに取り組んだ。すると、考えをセンサーで読み取ることで画面上のアバ
ターの腕や脚を操作できるようになり、仮想空間で歩いたり、物を拾ったり、拾い上
げたりすることもできるようになった。

 次に、半分に割った白い鎧のような外骨格型のスーツを背面に装着し、シミュレー
ションプログラムで習得したスキルを試した。このスーツには14カ所の関節があり、
14パターン前後の動きが可能になるという。これらの動きのうち何パターンが実際に
できるのかを調べるため、Thibaultさんは手足の動きを評価するさまざまな検査を受
けた。計45回のセッションを受けた後、チームはこのプロジェクトは最終的に成功し
たと判断した。

 6回のセッションにかかる総時間の73%で、Thibaultさんは歩くことができた。た
だし、歩行にはバランスを保つために天井から吊り下げたハーネスを使う必要があっ
た。また、両手を同時に伸ばして特定の物に触れることもできるようになり、5回試
みて成功率は71%だった。なお、合併症はなく、スーツとセンサーのシステムは7週
間に1回の頻度で調整が必要だという。

 Thibaultさんは「初めて月面に着陸した人になった気分だった。2年間も歩いてい
なかったので、どのように立ち上がるのかも忘れてしまっていた」とBBCニュースに
語っている。

 今回のプロジェクトでは心強い結果が得られたが、Charvet氏らは「これは治療で
はなく、Thibaultさんの状態は変わらない」と強調。また、研究段階の技術であるた
め、臨床応用までには相当な時間がかかるとしている。それでも、Thibaultさんや
Charvet氏は、この研究成果をきっかけに、脳波で操作する車椅子などの技術革新に
つながることに期待を寄せる。Charvet氏によれば、このプロジェクトには、3人の新
しい患者が参加する予定だという。

 一方、英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院教授のTom Shakespeare氏は付随論評
で、このような技術の発展を称賛した上で、「多くの麻痺患者にとってより良い生活
に必要なのは、質の高いケアと支援技術だ」と指摘。まずは、車椅子を操作する既存
の技術が、必要とする全ての人に行き渡るようにすることも課題だと述べている。

原著論文はこちら
Benabid AL, et al. Lancet Neurol. 2019 Oct 3. [Epub ahead of print]
https://www.thelancet.com/journals/laneur/article/PIIS1474-4422(19)30321-7/f
ulltext

以上転載終わり。
荷役労働に携わる方々や介護職の方々の負担軽減=腰痛予防 であるかの
ように言われているようですが、負担は確かに少ないほうが良いかも知れません。
ですが、負担が減少しても腰痛患者さんは増加の一途であったこれまでを
勘案すれば、他の目的で開発を進めたほうが良いのではないか?と思います。

きむら接骨院
スポンサーサイト



テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

リハビリ=機能回復訓練

回復訓練機能
とお聞きになると、「ピンと来ないな」と感じている人が
少なくないと思います。
柔道整復師は、機能回復訓練指導=リハビリ
することができる資格です。
リハビリの対象となる方は、多岐に及びます。
外傷(骨折、脱臼等)の治癒後の拘縮のある方、疼痛疾患(腰痛等)の方、
運動機能低下の方(ロコモティブシンドローム、いわゆる「ロコモ」の方)や
フレイル予防の方、それから脳卒中後遺症の運動障害の方等。

納得のいく成果の得られない方や、職場復帰を目指す方は、
当院でのリハビリをご検討ください。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

本来の意味は何だった?

拙ブログ読者のみなさん、こんにちは♪
今朝も寒いですけど、どうやら降雪は免れたようですね。

さて、リハビリテーション、略してリハビリ。
ベッドに寝て電気当ててどこかを擦る・揉むということを
指す言葉ではありません。
機能回復のための行為を意味するものであって、
患者さんにとっては、能動的行為が主体のものであるはずです。
その過程で、患者さんが「取り戻す」のは、失われた機能だけでは
なく、地位であったり名誉であったりします。
でも、最初に取り戻していただくべきものは、意欲です。
そういうものを全て含めて、初めてリハビリテーションと
いうのだと私は考えています。

杖を衝くほうの腕が痛いから、歩行訓練をしない、
ベッドに寝てもらって電気当てて擦るだけ。
それは物療+慰安行為に過ぎないんじゃないか?
それは機能回復訓練でしょうか?

でも、その人がご家族に介助してもらいながらも、私のところには
杖を衝いて、自らの脚で歩いて来られる。
そういうことを考慮した上で、人としての機能回復を図るべきだと
私は考えます。

今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
今日が後遺障害に悩む方々にとって、有意義な「リハビリ」の
日となるよう願っています。

追記
「ジャックナイフ現象」って、実習で体験できた?
患者さんの裏拳もらわないよう、気をつけてね。>新人PTさんへ


きむら接骨院

要介護度の低下(=自立度の上昇)

88歳の女性。
ご家族からのご理解と暖かい支援の甲斐あって、
大腿骨頸部骨折の治療→入院→治癒→リハ→退院 の後、
介護認定審査で要介護度2の方が、この度の再審査で要支援に。

大切なのは、ご高齢の方々特有のストレスへの対策、
そこに対してご家族には理解を促すこと。
それから、「受け身的な治療への依存」を促すような、
「脚色された説明」をしないこと。

現役世代の方々の腰痛疾患等運動器系疾患の治療にも共通していることです。

きむら接骨院



応援をお願いします!

ウチの ぴーすけ は
DSC031004.jpg
こんな感じの脚の短いワンコです。

脚の長いワンコの場合,下肢の関節の問題や
骨自体に問題が起きてしまう不運に見舞われるコが
少なくないようです。
(梃子の作用が比較的大きく働く,骨に撓みが出やすい等に
よるものでしょう)

膝に問題の出た,姉のワンコ:ベル
同じく膝に問題があったルクたん

ゴールデンドゥードゥルの ぺるる くん
大怪我を乗り越えて自力で立ち上がり,
再び野原を駆け回ることを目標にリハビリ中。

本犬はもとより飼い主さんも大変だったことでしょう。

頑張り過ぎないように頑張ってもらいたいですね。
みなさん,どうか応援をよろしくお願いします。


きむら接骨院
プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR