FC2ブログ

足関節内反し捻挫

いわゆる足関節の内反し捻挫。受傷4日め、再診時の画像。
受傷15時間後に来院、その時の画像がないのがアレですが。



再診受付時に、この患者さんが発した言葉が

「治りました~!」

以前にもインディアカ愛好者の方等で試して実績のある方法で
治療したのですが、その方々も概ね受傷後3~4日で今回の画像の
患者さん同様の経過でした。

ちゃんとやることやっときゃ早く治ります。
「えっ?その方法で?」って思うだろうけどね。

きむら接骨院



スポンサーサイト



常識外れ

拙ブログ読者の皆さん、こんにちは♪
今日もご来訪下さり、ありがとうございます。
今日は予想外の好天でしたが、明日はどうでしょうね?

さて、私が診療中に話すことは、患者さん方にとっては
あまりに常識とはかけ離れたことで、

「何だ、ソレ?コイツ、大丈夫か?

と思われたことと思います。w

ではなんで、「3カ月ほかで『治療』をしていたけど治らなかった」方が
いともあっさりと回復されたのか?
答えは簡単、「的外れ」なことや「無効なこと」から「的確」で「有効なこと」に
切り替えたからです。
患者さんや患者さんのご家族は

「不思議~!

とおっしゃって下さいますが、不思議でもなんでもありません。

丁寧に問診・視診・触診をして、的確な部位に適切なことをすれば、
回復するのは当然です。

さて、そんなワケで連休に入りますが、来週1週間が「痛み」の疾患、
「痺れ感」の疾患の患者さん方の治療に、有意義な1週間であるよう
願っています。

ではまた来週で~す♪

きむら接骨院

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによる腰痛

一昨年の初冬,70代の男性の方が来院されました。
症状は腰痛+坐骨神経痛,診断は腰部脊柱管狭窄症。

この方は,寒さが厳しくなる時期に向かって回復され,
昨年の年明けの頃にはほぼ全快となり,
現在に至るまで当時の症状は出ていないとのことです。
手術を受けることなしに,です。

この方は特殊な方なのでしょうか?

私は,「私が治しました」とは決して申しません。
ただ,当院に通院されている間に,この方が「治った(ご本人の言葉)」ことと,
通院終了後にも症状が出ていないのは事実です。

そして,この方以外にも,当院においでになられた大勢の椎間板ヘルニアによる腰痛,
腰椎分離症による腰痛,あるいは腰椎辷り症による腰痛等の患者さん方が「治りました」と
おっしゃって下さっています。
上記の方々の中には,テレビ番組等で「ゴッドハンド」と紹介される東京の整骨院の
大先生(プロ野球人気No.1球団の新任監督さんも現役時代に行かれたそうですが)の
施術を受けても・・・とおっしゃった椎間板ヘルニア性腰痛患者さんの方もいらっしゃいます。

どうしてこういうことが起こるのでしょうか?




その答えは・・・






来た人にしかわからない。(笑)


きむら接骨院



オ○ルトでも何でもなく

「常識」を身につけている,というのは大切なことですが,
時にこれがジャマくさくてしようがない。
特に医学常識やら健康常識やらいうヤツ。
実にジャマくさい。

昨日のこと。
父が月に一度,趣味の会を開くのだが,その会に
ご出席下さった方が,その席で膝が痛くて立てなくなった,
痛むほうの脚を動かすことさえままならないという。

そこで きむら の出番となったわけだ。

結果からいえば,ワタシ,その方には指1本触れることなく,
その場でその方は立てるようになりました。
指1本触れることはしませんでしたが,あることをしました。

これは,以前TFCC損傷との診断を受けた女子大学生の方も
ほぼ同様。

それから,腰部椎間板ヘルニアの診断を受けた腰痛のサラリーマン男性,
腰部椎間板ヘルニア+腰椎分離症の診断を受けた腰痛の女性の方,
某高校サッカー部のGKの男子生徒も椎間板ヘルニアの診断,同じ高校の
男子弓道部員,それから・・・

理解力と自分を顧みる勇気のある方は,このような「治り方」をします。

では,何が彼らの「治る」ことを妨げていたのか?

それが一部の医学常識とか一部の健康常識とかいうヤツにほかならんのですよ。
「常識的善人」という方々は,そういうものに自分が支配されているとは思わない,
というか支配されていることに気づきたくない,だから気づかないし,当然そうとは
思わない。

つまるところ,そこに行着つくのだろうと思います。


きむら接骨院

TFCC損傷?(えぇぇぇ~っ?)


3年越しだか4年越しだかの右手関節尺側の運動時痛の
卓球選手。(大学生女子)

結果から言えば,2度の受診で治癒。
「もう治った~」やら「全然痛くないの~」という言葉に,
ご家族びっくり。


いくらTFCC損傷が「ラケットスポーツで多い」と言われていても,
卓球ではほぼないと断言します。

現に,この女子学生さんのコーチさんだか監督さんは,TFCC損傷との
診断と報告を受けて,大変驚いたのだそうな。長いこと学生卓球の指導を
しているが,TFCCは初めてだと。

ゴルフはあるね。ダフることが多い方とかね。
(でも,そんなに長引いた印象はない。)

で,この学生さん,試合の度にテープ巻いたり,鎮痛剤を服用したり。
治癒となった直後に大会に参加。

鎮痛剤服用せず,テーピングせず,で問題なく大会出場。

いやー,良かった,良かった。

きむら接骨院
プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR