FC2ブログ

フードファディズムというヤツ

時々ご紹介させていただいている畝山部長のブログから。

以下転載
■マイリー・サイラスが完全菜食をやめた、最初に魚を食べたとき泣いたという
Miley Cyrus quits vegan diet, says she cried the first time she ate fish
07 SEP 2020
https://cnalifestyle.channelnewsasia.com/trending/miley-cyrus-quits-vegan-di
et-cried-first-time-she-ate-fish-13087784

彼女は「脳がちゃんと働いていない」と感じたと告白

27才の歌手で女優のマイリー・サイラスは何年も厳格な菜食をしてきて健康がダメに
なったと感じたと暴露。「私は栄養不良だった」

サイラスはこの告白は多くの人を怒らせるだろうことを知っているという。既に批判
がある

(長年、というけれど菜食宣言は24才の時らしい)

マイリー・サイラスが生涯ビーガン宣言?!
2017年7月18日
https://www.vogue.co.jp/celebrity/news/2017-07/18/miley-cyrus)

国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部長 畝山智香子
以上転載終わり

宗教上の理由があるならともかく、それがないなら
なんでビーガンなんてやろうと思ったのか?
わかんないよなー。

きむら接骨院
スポンサーサイト



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

改めて言われなくても…

・・・というそんな話しなんですが、
-------------------------------------------------------------
■睡眠不足は怒りを増幅

最近イライラしてしまいがち、という人は睡眠不足なのかも?ストレス要因に対し、
充分な睡眠をとった人に比べて睡眠不足の人は怒りの反応が高く、増幅しやすいこと
がわかった。米イリノイ大学の研究。

この研究では、まず大学生202名を対象とし、1か月間の睡眠・ストレス要因・怒りの
状態についての記録をしてもらうとともに実験室の分析をする予備実験を行った。す
ると、通常より睡眠不足だった翌日に怒りを経験する傾向が示された。

次に、147人の地域住民を対象に実験を行った。まず参加者は、通常の睡眠スケ
ジュールを維持するか、自宅での睡眠を2晩で約5時間減らすかのいずれかに無作為に
割り当てられ、実験室で刺激性の騒音にさらされている間の怒りを評価した。

すると、十分な睡眠をとった人は騒音に順応し、怒りが少なくなった一方、睡眠不足
の人は騒音に反応して怒りが高くなり、増幅した。これらのことから、睡眠不足では
イライラする状況への感情的な適応が損なわれることが示唆された。主観的な眠気
は、怒りに対する睡眠不足の影響のほとんどと比例していた。また、オンラインの競
争ゲームの後の怒りの感情について調べた関連実験でも、同様の結果となった。

「睡眠不足は怒りを増大させ、時間とともに欲求不満を増大させるという強い因果関
係の証拠を提供するため、この結果は重要です。さらに、毎日の睡眠等の記録を用い
た研究の結果は、若者が睡眠不足の午後に怒りがより多くみられたため、その影響が
日常生活につながることを示唆しています」

著者らは、この調査結果は、睡眠障害において、怒りやその加減などの特定の感情的
反応を考慮することの重要性を強調していると指摘している。

https://academic.oup.com/sleep/article-abstract/43/Supplement_1/A105/5846752
?redirectedFrom=fulltext
-------------------------------------------------------------------
…言われなくても、そんな実感、どなたもおありですよね?

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

思考のストレッチ!

ケトン食やプチ断食、その効果とリスク

「ケトン食(超低炭水化物・高脂肪食)」は短期的には減量に
有効だが持続性に欠けるほか、動脈硬化や死亡リスクが高まる
などの傾向がみられるようだ。「間欠的断食(プチ断食)」について
示されている潜在的効果は大部分が動物実験によるものであ
るほか、リスクもあるため、いずれの食事法も現段階では推奨
できないという。米エモリー大学などによるレビュー。

研究の責任著者であるナショナル・ジューイッシュ・ヘルスのフリーマン医師は、
ケトン食や間欠的断食などの食事法について、メディアには有象無象の情報が
溢れているとし「植物ベースの食事や地中海式食事など、健康の専門家が推奨する
食事は、安全性と有効性について広く研究されており、心血管の健康を改善するために
疑う余地なく実証されています」と話している。

<ケトン食について>

ケトン食は極度な低炭水化物の食事法であり、体をケトーシスに移行させる。
ケトーシスとは、グルコースの利用が減少し、代わりに主に脂肪がエネルギー源となる
代謝状態。ケトン食に関する研究は限られているが、その中で、初期には体重を減らす
ことが示されているものの、12か月経過後のデータでは持続可能ではない傾向が
示されている。また、体重減少がケトーシスによって引き起こされたのか、
単にカロリー制限によるものなのかも不明だ。

研究者たちはまた、ケトン食を実践している人が摂取する脂肪の種類と量についても
懸念を抱いている。これまでの研究では、被験者が摂取する脂肪や食品の種類を
厳密に管理していたのだが、実生活でケトン食を実践する人の多くは、不健康な
飽和脂肪を大量に摂取している。これらの脂肪は、心臓病や血中脂肪レベルの上昇と
関連している。

さらには、ケトン食を長期間続けると動脈硬化の可能性があるというエビデンスが
あるほか、死亡リスクが高くなるとする研究例がいくつも存在する。

しかしながら、ケトン食は糖尿病の潜在的な治療法として有望であり、ケトン食を
摂取したマウスでは、血糖値の改善ならびに空腹時血糖値やインスリンレベルの
低下が示されている。ケトン食が臨床的に推奨されるようになるには、今後これらの
利点を確認するとともにリスクを評価するための、さらなる研究が必要といえるだろう。

<間欠的断食について>

研究者は断続的な断食の潜在的な健康上の利点についても楽観的にみてはいるもの
の、思わぬ危険性について心配しているという。「間欠的断食」と一口にいっても、
その内容はさまざまだ。たとえば、丸1日食事を抜くもの、また、食事を1日のうちの
特定の時間帯に限るものなどがある。また、断食によって引き起こされる空腹によっ
て、多くの人が食事の時間に食べ過ぎてしまったり、心血管の健康に悪影響を与える
ような不健康な食べ物を選択したりすることが懸念されている。

間欠的断食の潜在的な利点に関する現在のエビデンスの大部分は動物実験から示され
たもので、その内容としては長命、体重減少、血圧の低下、耐糖能の改善、脂質レベ
ルの制御がある。

「間欠的断食における、さらなる研究の必要な潜在的リスクには、飢餓の影響と
それが臓器機能にどのように影響するかが含まれます」とフリーマン医師は述べている。
「糖尿病患者が間欠的断食を試みる前に医師と話す際には、欠食に伴う疾患と
低血糖のリスクを制御する方法について話し合うことが特に重要です」。

<まとめ>

ケトン食・間欠的断食いずれの食事療法に好ましい効果については少しばかりの
エビデンスはあるものの、大規模な長期研究がその影響をより明確にするまでは、
何らかの治療または予防には推奨できないとしている。

代わりに専門家は、地中海式食、自然食品を用いた植物ベースの食事、
DASH食(米国立衛生研究所による高血圧対策の食事法)などといった、
心血管の問題を予防または回復させることが広く研究され、科学的に
証明されている食事を推奨している。これらはすべて、果物、野菜、豆類、
ナッツ類、全粒穀物などを基盤とするという共通点がある。

https://www.amjmed.com/article/S0002-9343(20)30507-6/fulltex

<以下きむら記>
細胞の活動エネルギーは、総じてATP。
タンパク質や脂質からもATPを作り出すことは可能ですが、
どうせならこういう資源は、カラダを維持する強くするために
使われたほうが…と思いません?

きむら接骨院

そうなるだろうなー…

高齢者の「フレイル」の予防には、もはや義務感すら持っております。
「フレイル」の先には、何があるのかと言えば…
言わずもがな…
で、運動と運動中、運動以外の時間でもコレ↓があるとないとでは
かなりの違いがあるのでは?という実感はあります。

以下転載

■笑わない人ほど要介護リスク高く よく笑う人の1.4倍
2020年8月5日 (水)配信朝日新聞

 日ごろ笑うことがほとんどない高齢者は「要介護」に至るリスクが高いことが分
かったと、名古屋大などの研究チームが発表した。笑いが健康につながるといった報
告はこれまでにもあるが、要介護状態になることを防ぐことにも効果があるという。

 チームは、全国の人を対象にした日本老年学的評価研究プロジェクトの2013年度の
郵送調査のうち、要介護認定を受けていない65歳以上の高齢者1万4233人について、
笑う頻度を「ほぼ毎日」「週に1~5回」「月に1~3回」「ほとんど笑わない」の4段
階に分類。要介護認定2以上になった人がそれぞれどれだけいたかを3年間追跡した。
その結果、「ほとんど笑わない」と答えた人は、「ほぼ毎日」笑うと答えた人より、
新たに要介護認定2以上になるリスクが1・4倍高かったという。

 データを分析した竹内研時(けんじ)・名大准教授(予防医学)は「要介護になる
ことを予防するためには、よく笑うことが有用と考えられる」と話している。

 日本疫学会誌に論文(https://doi.org/10.2188/jea.JE20200051)が掲載された。

以上転載終わり

「笑い」のない生活ってのを想像すると、切ない気持ちになりません?

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

玄米は体に良いというけれど

玄米は「体に良い」とされています。
ですが、以前からこういう↓指摘があったことは
ご存じでしたか?

以下転載

■コメを主体とした食事のヒ素摂取が世界的な死亡率上昇に関連している?

世界で広く食べられている主食源であるコメは、長期にわたる低レベルのヒ素摂取に
寄与しており年間数千の回避可能な早期死亡に関与しているようだ、というマンチェ
スター大学からの報告。

ヒ素は急性毒性を持つとともに、比較的低い濃度で長期間摂取し続けるとがんや心血
管疾患などの健康障害に寄与する。

他の主食源と比較して、コメは高濃度の無機ヒ素を含む傾向にある。世界中で、30億
を超える人々がコメを主な主食源として摂取しており、米に含まれる無機ヒ素は年間
5万以上の回避可能な早期死亡につながっていると推定される。

マンチェスター大学とサルフォード大学の共同研究グループは、イングランドと
ウェールズで、コメの摂取とヒ素摂取による心血管疾患との関連を探索した新たな研
究を報告した。

彼らの報告によると、心血管疾患に寄与する主要な因子 (肥満、喫煙、年齢、収入、
教育歴など) を調整した結果、コメ中の無機ヒ素摂取と心血管疾患による死亡率上昇
に有意な関連が認められたという。

マンチェスター大学のデビット・ポリア教授は話す。「この研究は生態学的研究であ
り、多くの限界点があるが、無機ヒ素を含むコメの摂取増加と心血管疾患のリスク上
昇との関連性を知る比較的コストの低い手法である。我々の研究結果は、イングラン
ドとウェールズで最も多くのコメを摂取する25%の集団は、最も摂取量の少ない25%
の集団と比較して、無機ヒ素の摂取による心血管疾患による死亡率リスクが高いよう
だ、ということを示唆している。モデルにより評価したリスクの上昇は6% (信頼区
間2%から11%) であった。リスク上昇は、比較的コメ摂取量の多いイングランドと
ウェールズのコミュニティの感受性、行動、治療の特性を部分的に反映している可能
性がある。」

コメは食物繊維含有量が多いなどの利点があり、研究者らは、コメを食べるのを避け
るのではなく、バスマティなど様々な種類のコメや、無精製よりも精白米など、一般
的にヒ素含有量が少ないことが知られているコメを選択することを推奨している。ま
た、コメばかりを主食とするのではなく、様々な主食源をバランス良く取り入れるこ
とも勧めている。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048969720340560?via%3Dih
ub

以上転載終わり

無精製米=玄米。
残留農薬や化学肥料については、以前ご紹介した「食品安全情報blog2」を
ご参照されたし。

栄養士さん方、ご一考を。

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR