FC2ブログ

不可解な診断と治療

一人の腰痛患者さんが、一つか二つの症状で、病院を3軒受診したら
出て来た診断が3通り。検査内容は3軒とも単純X線とMRI。
しかしながら、治療内容は3軒とも同じ。

これが如何におかしいことか、お気づきになりますか?

きむら接骨院
スポンサーサイト



日本に足りないこと

7月24日の記事の裏付けとなるもの。

以下、TMSジャパンからのメールより転記

■専門家インタビュー 誤解を招く健康宣伝を取り締まる
Expert Q&A
Cracking Down on Misleading Health Ads
by Jeanine Barone | July 14, 2017

FTCの広告副主任であるMary EngleとのQ & A。この部署ではOTC医薬品、ダイエタリーサプリメントその他健康製品の宣伝の文言を規制している。ここに詐欺的及び誤解を招く広告と取り組むFTCの役割について議論する

Q:米国において誤解を招くあるいは詐欺的広告の問題はどのくらい大きい?

A:消費者にとって正確な健康情報は重要なので、極めて問題であると思う。しばしば見るのは簡単には解決できない問題に対して魔法の治療法や特効薬を提供するものである。それは消費者にお金を無駄にさせるだけでなく、健康問題の解決に必要な対処をしなくなる可能性がある。正確な推定はないが、消費者は毎年詐欺または効果のない製品に数百万あるいは数十億ドルを費やしていると思う。

Q:FTCが最近執った注目すべき対応についていくつか紹介できる?

A:一つはSuppleという製品を作っている会社についてのもので、この製品はグルコサミンとコンドロイチンを含み関節や軟骨を再構築したり関節炎の痛みを治療できると宣伝されていた。魔法の効果を宣伝し、テレビやラジオのインフォマーシャルで流されていた。グルコサミンとコンドロイチンは何年もの間関節痛治療用として宣伝されていて多くの人が根拠はないのに信じていたため私はこれが重要な事例だと考えた。

質の高い研究の多くは

グルコサミンとコンドロイチンは

関節痛に効果はなく

関節を再構築したりしない


ことを示していた。
我々は企業に宣伝の根拠には質の高い臨床試験を要求する。また事例の解決の際には消費者への返金を求める。この事例では数十万ドルを取り戻した。

もう一つの事例は記憶に良いというサプリメントPrevagenを売っていた会社である。この会社は成分はクラゲから見つかったもので記憶を改善し認知機能に良く臨床的に証明されていると宣伝していた。これらの宣伝は虚偽であると我々は主張しているがこの会社とはまだ決着していない。

もう一つはオピエートの離脱症状に役にたつというサプリメントである。製品名はWithdrawal-Ease(簡単離脱)で、明確に効能を示唆しているが効果があるという根拠はない。これは重大な問題で、この国では現在オピエート依存が流行している。止めるには専門家の監視が必要で、この事例は誤解を招く宣伝が消費者を効果のある治療法から遠ざける可能性の例である。

Q:企業が消費者を騙したり規則をかいくぐったりする戦略にはどういうものがある?

A:一つよく見るのは「科学的ブレイクスルー」について語るもの、あるいはたくさんのジャーゴンを使ってその製品が効果があるメカニズムを説明したりするものである。もう一つは消費者の体験談である。例えばこれまでずっと体調が悪かった、あるいは何度も減量に失敗してきたのにこの製品をつかったらびっくりするほどうまくいったというような。しかしこれらの体験談はしばしばでっち上げ、あるいは大幅な誇張である。あるいはうまくいったのは別の原因(低カロリー食と運動のような)であったりする。

Q:一部の健康製品の宣伝は、実際には広告なのに記事のように作られていることがある。これは詐欺的?

A:これは重要な問題で、いくつかの事例で対応してきた。FTCは広告は広告と認識できなければならないと言う。記事と見間違わせてはならない。

例えば2年前にSpeakという発話に問題のある子ども用ダイエタリーサプリメントを宣伝しているNourish Lifeという会社と決着した事例がある。内容は多数のビタミンで、子どもの保護者の体験談をたくさん使っていた。またApraxiaResearch.comという、独立した研究情報サイトを装ったウェブサイトを運営していた(取り下げられている)。しかしこのサイトは実際にはSpeakの広告であり、この事例ではこの会社は詐欺的宣伝をしただけではなく広告のフォーマットが詐欺的であった。

もう一つの事例は2016年のSmart Click Mediaという企業がダイエタリーサプリメントを販売しているウェブサイトに「Doctor Trusted医師の信頼」という誤解を招くシールを提供していたものである。お金を出してこのシールをウェブに掲載すると、それをクリックすると独立した医師が製品を評価したという声明が出る。しかしこれは無意味で、たった二人の医師がお金をもらって住所と電話番号があるかどうかを一回見ただけである。

Q:医薬品企業からしばしば参加費をもらって、企業がスポンサーをしたイベントについてブロガーが投稿するよう薦められたりすることがあると聞いたことがある。しかしブロガーがお金をもらったり他の方法で投稿を薦められていることは消費者には明確ではないかもしれない。これにはどう対応する?

A:そのような場合、製薬会社はツイートや他のソーシャルメディアでスポンサー関係を明確にすべきである。法により、どんなものでもお金を払った広告はそれを開示しなければならない。ツイートも企業が直接間接にお金を払った広告ならそうである。もし何かを受け取っているのにそれを開示しないで製品を宣伝していたらそのブロガーも企業も責任を問われる可能性がある。

通常我々の調査は広告主、この場合は製薬企業、を先にするが、イベント主催会社や広告代理店も調査する。そして個人ブロガーや投稿した人にも責任を問うことがある。最近我々はブランドからお金をもらったことを開示しないでインスタグラムに写真を投稿しているフォローワーの多い個人に山ほどの警告文書を送付している。これは健康やウェルネス製品に限らない。しかし我々は個人にも資金提供の有無を開示する義務があることを注意した。

Q:あなたの任期中にFTCが虚偽または誤解を招く広告に対して最も重要な勝利は何だと思う?

A:私はザクロジュースPom Wonderfulとの訴訟だと思う。我々は彼らの心疾患や前立腺がん、勃起不全予防や治療効果を問題にしたが合意に至らなかったため訴訟を起こさざるを得なかった。我々は勝訴したが彼らは控訴した。そして控訴審でも勝訴した。彼らは最高裁に見直しを求めたが最高裁は却下した。裁判は終わった。これは本当に重要な勝利だった。我々はこの会社のジュースと二つのサプリメントの疾患宣伝に疑問を提示した。

この事例で重要なことは、FTCの法では製品が何であれ同じ広告基準が適用されるということである。食品だからといって根拠のない宣伝ができるわけではない。言っていることの根拠が必要である-この場合はRCT。

Q:消費者が虚偽または誤解を招く宣伝から身を守るためにできることは?

A:宣伝には常に疑いの目をむけること。もし魔法の画期的何かやこれまでヨーロッパにしかなかったものが米国で入手可能になった、あるいは科学専門用語がたくさんあったら、それらの広告は疑うべきである。健康について調べるときはNIHやその他政府機関や大学の研究所のような、信頼できるウェブサイトを見ること。製品を購入するときには必要な場合には取り消しできるようにクレジットカードを使う。

また無料お試しには十分注意をすること。詐欺師は「リスクはない、4.99ドルで試して、満足できなかったら30日以内に返却すればお金は戻ります」というだろう。しかしそうはならない。一旦会社があなたの支払いに関する情報を入手したら、彼らはクレジットカードに毎月こっそり引き落とす、あるいは銀行から自動引き落としをするだろう。あるいはあなたが同意しないままに毎月何かが送られてくるだろう。それらを返却使用とするとたくさんの制約が科せられて実質不可能だろう。こうした企業による詐欺的課金には非常に多くの事例がある。もし何かにひっかかったら、FTCのウェブサイトに苦情を申告できる。

以上、転記終わり

体験談を挿入するスタイルのTVCMは多いですが、アレがプロのタレントさんによるものでなく、
シナリオもないものだという保証は、どこにもない。
日本のこの分野(サプリメント、ダイエット、健康?機器等)は、行政が介入しなさ過ぎ。
(私個人としては、これらのサプリメントを使用して、「明らかな効果を感じる」という方々に、
服用を中止するよう勧める意図はまったくありません。)

腰や膝の痛みで整骨院や接骨院、整体屋さんに通院中の方へ。
アナタのセンセイ、ひょっとしてアナタにグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを
勧めたりしていませんか?w


きむら接骨院

働き方改革ねぇ…

民間の給与所得者(つまりサラリーマン等)の評価に成果主義を
採用するのなら、議員歳費や官僚の給与も成果主g(以下自粛)

                         きむら接骨院

かくして振り出しに戻る…

いったいいつになったら、この状況が変わるのか?
何について嘆いているのか?と言えば、運動器系の「痛み」の
治療についてです。

例えば最近TVCMで見た(正しくは「見させられた」)ものでは、
「グルコサミンとコンドロイチンではダメなんです!」
「コラーゲンが大切!軟骨の〇〇%はコラーゲン、骨の◎◎%もコラーゲン!」

いや、だからってコラーゲンサプリって話じゃないでしょ?ってこと。
そもそも「コラーゲンだけじゃダメなんです!足りなかったのはグルコサミンと…」
だったんじゃなかったの?

かくして、堂々巡りをした挙句、振り出しに戻っているに過ぎないと。
だからどっちがどうでも別に良いんですけど、じゃぁこういう類のものに
「鎮痛成分を最大限配合」ってのはどうなの?って考えると、その鎮痛成分ってのが
ノー◎ンとかバファ〇ンと似たような成分だとすれば、それだってどうなの?でしょうよ。

そもそも、膝関節痛(かどうかもアヤシいけど)のない方々の90%弱に、
MRI上では「異常」とされる所見が見つかるって事実をどう考えますか?
って話なんじゃないかなぁ…。

「私はこれで治りました!」っていう「体験談」は、「ある個人の体験」を
表しているだけであって、それは「その人個人にとっての『真実』」かも
知れないけど、普遍的事実とは異なるものかと。

と私は考えます。

※そんなサプリメントを熱心に販売するご同業の先生がいらっしゃると思うけど、
 ↑のMRI(腰でも膝でもね)の件が広く知れ渡った時、どうします?

きむら接骨院

σ(゚∀゚ )オレは何流だ?

日曜日にいわゆる勉強会とかセミナーとか言われるものに行って来ました。
横浜です、横浜。X Japanのライブがその日あってですね。
まぁ、その話は良いとしましょう。
セミナー自体は、腰痛とその治療をテーマとしたものです。

で、講師の方から「余計な話ですけど」と前置きが為された上で、
「三流は感情で動き、二流は理屈で動き、一流は志で動く。」という
話がありました。
だから、表題の件は、小笠原流とか裏千家とか北辰一刀流とかの
流派のことではなく、「自分の程度」の話です。

できるだけ客観的に自分を評価するなら、理屈で動く部分が大きく、
でも志で動くところもあり、感情で動く要素もあり…と。
総じて言うなら二流ってところかなと。

一番の収穫は、そういう自己評価かなと。
考えつつ今日の診療に当たっています。

きむら接骨院

ホントに「肉離れ」ですか?

足関節の「内反し捻挫」って、既往のある人、多いと思うけど、
程度の差こそあれ何某かのダメージは足関節周囲の靭帯には
発生しているわけです。
「捻挫ですね」って診断なら、患者さんは「ホっ」とするかも知れないけど、
「靭帯損傷です」って診断だとどうでしょう?

「えぇぇぇ~!(怖)」っていう反応になるんじゃないんでしょうか?
↑大相撲名古屋場所、番付上位の某力士さん、そんな感じかも

これふま。(「これをふまえて」の意)

「筋損傷」との診断が出た男子高校生。
実は筋肉の痙攣が持続的に発生していただけでした、とか。

「しょっちゅう『肉離れ』になって」とおっしゃるサッカー愛好者の方。
実はしょっちゅう断続的な痙攣が発生していただけでした、とかね。
そういう症例、当院では多いです。

丁寧に患部を観察しないとわからないでしょうから、筋損傷だの肉離れだのと、
そのまんまやっちゃうと思いますけど。
いずれの例も1週間程度で回復とか、1カ月経過してもいこれまでなら
反復的に起こった症状が出ないので、適切に対応できたものと考えています。

ということは、そんだけ不適切な診断と治療、指導管理が為されていると
いうことでしょう。断定はしませんが。

いや、このところ、そういう方々が続いたもので、こういう状況
そろそろなんとかならんモンかなーと思ったわけです。

きむら接骨院

ソレって論理的ですか?

ある患者さんから、ご親族の股関節周囲痛についてご相談を
いただきました。60代半ばの女性の方だそうです。

数年前から同部の痛みに悩まされており、先ごろ整形外科を
受診した折に、人工関節への置換を勧められたそうです。
曰く、「股関節の変形性関節症」で、原因は「様々ありそう」ながら
「乳児期のオムツに問題があったのだろう」との指摘だそうです。
ならば乳児期から痛みが出る数年前に至るまでの60年近くの間、
何故に問題(症状)が出なかったのか?
何故に乳児期にまで遡って考えなければならないのか?
そう考えると、論理性を欠いた話と言わざるを得ないとお答えしたところ、
ご相談を下さった患者さんからは、「確かにそうですね」とのことでしたが、
ご本人は手術を受けることに決めたとのことでしたので、相談というよりは
疾患談義で終わりました。

こういう類のこと、多いと思いますよ。
冷静に考えることが大切なんじゃないでしょうか。

きむら接骨院

なんで理解できないかな…

イエローフラッグによる疼痛疾患を「仮病の痛み」って
おっしゃった方がいらっしゃいましてね…
この方のお子さんが受診されたのですが。

なーんで理解できないかなー?
「仮病の痛み」っておっしゃいましたけど、じゃアナタ、
腰痛になったことない?寝違いで首が痛いとか、そういうの
経験ない?あるでしょ?
それを「仮病の痛み」って言われたらどう感じます?

理解浅いです、認識甘いです。
どうあれ「仮病」ってのはないよなぁ。

では私たちは「仮病」におつきあいしていると?w


きむら接骨院

脳と運動器

◆筋力の高さ、認知機能に比例か
筋力の大きい高齢者ほど認知機能が良好な傾向があることが明らかに。
東フィンランド大学が高齢男女(338人、平均66歳)を対象に全身の筋力を
広範囲に測定し、認知機能との関連を調べた結果から。

※これに関連する報告としては

◆脳は運動をするように進化した
アリゾナ大学の人類学研究者らによる研究で、運動と脳の間の関連性、
及び脳は進化の過程と狩猟採集生活をしていた時代から生れてきたもので
あることが示唆されている。

※この分野の科学的根拠の蓄積は進んでいます。

※これらの研究・調査報告を通じて予想できることは、
高齢でも筋力の高い人∽高齢でも活動性の高い人 であって、
そういう人は認知機能が良好。
高齢者の活動性は、社会・生産活動レベルの高さとも相似関係に
あると推測されます。

「腰痛のイエローフラッグ」とも関連有り。

きむら接骨院


「医療・福祉情報通信」というヤツ

◆遠隔医療は軽い病気での医療の過剰使用を促進する

スマートフォンやパソコン等で医療を提供し、急速に拡大している
遠隔医療は、医療へのアクセスを容易にするのに役立つ可能性が
あるが、軽い病気での医療の過剰使用を増大させ、期待されたような
医療費の削減(抑制)には役立たないだろう。

Heath Affairsに発表されたRANDの研究でカリフォルニアの30万人の
データを、急性呼吸器疾患に絞って解析した。個別の医療費は遠隔医療の方が
費用が少ないが、便利なために通常病院に行く必要のない軽いものでも
医療を使うようになった結果、医療費は増えたと結論。


米国での調査ではありますが、日本国内で調査しても、
恐らく同様な結果になると思います。
(通院型診療であっても、1回あたりの窓口支払い金額が
比較的低額な場合で、日本型健康保険制度がある場合も
同様な傾向が発生する可能性があると思います。)

医用情報通信は、患者にとっては一見有難いものながら、
医療者の営利の手段として使われる恐れあり。

きむら接骨院

それ見たことか

米国での調査によれば、「学歴が高いほど心血管疾患のリスクが少ない」のだそうだ。
要は高学歴者ほどメディアリテラシーやヘルスリテラシーが高く、健康や医療に関する「常識」を
そのまま鵜呑みにして即実行、という行動パターンではないことを示している、と言えるかと。
恐らく日本でも同じような傾向はあるだろうなと。

今朝、N〇Kの「朝〇チ」でやってたでしょ?コレステロールについて。
「コレステロールは害だ悪だ。低けりゃ低いほど良い」ってものじゃないと。

アレなんて、10年くらい前から「どうも基準値がおかしいぞ」って言われてたこと
なんだからね。「今さら?」って感じです、私からすれば。
私が確信を持って「おかしい」って言い始めたのは、5年くらい前だけど。

腰痛、膝関節痛等の運動器疼痛疾患でも同様なことが
多々あると思いますよ。

きむら接骨院

クレバーな発言

色んな意味でクレバーな発言だよなー。
さすがペトロビッチ氏。

まぁ、そんだけアルビレックスがペトロビッチにナメr(以下自粛)

きむら接骨院
プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR