FC2ブログ

根拠に基づく腰痛治療

単純X線画像、いわゆる「レントゲン」の画像なのですが…
腰部単純X線画像
これに映っていないものは、客観的評価をできないはずです。
そう考えるのが科学的思考というものです。
映っていないものを「評価する」ということは、これは映っていないものを
映っているものから想像したに過ぎない、ということになるはずです。
映っていないものを「想像」から「診断」するって、どうなんでしょうね?

いや、だからって、腰痛の患者さんすべての方にMRIやCTの検査が
必要か?って言ったら、そうではないはずですよね?何度もこの
ブログに書いてきましたけど。

こういうことを、一般の方も考える時代になりつつありますよ。
素人さんが知っていてプロが知らない、で良いんでしょうか?

きむら接骨院

スポンサーサイト



テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

非常に興味深い研究報告

非常に興味深い研究報告↓

(以下転載)
■降圧による認知症・認知機能障害の予防的効果

 降圧薬を服用し血圧を下げることと、認知症や認知機能障害の発生リスクの有意な
低下が関連していることが明らかにされた。アイルランド・Galway国立大学・Saolta
大学病院グループのDiarmaid Hughes氏らが、無作為化比較試験14件・被験者総数9万
6,158例を対象にしたシステマティック・レビューとメタ解析の結果で、JAMA誌2020
年5月19日号で発表した。これまで、認知症や認知機能障害に対する降圧の予防的効
果は不明であった。

システマティック・レビューとメタ解析で認知症・認知機能障害のリスクを検証

 研究グループは、PubMed、EMBASE、CENTRALにおいて、血圧低下と認知機能アウト
カムの関連を検証した2019年12月31日までに発表された無作為化比較試験を検索し、
システマティック・レビューとメタ解析を行った。

 対象とした試験では、対照群に対してはプラセボや別の降圧薬を投与、またはより
高い血圧目標値を設定されていた。研究者2人がそれぞれデータを検証して抽出。ラ
ンダム効果メタ解析モデルを用いて、統合治療効果と信頼区間(CI)を算出し評価し
た。

 主要アウトカムは、認知症または認知機能障害とし、副次アウトカムは、認知機能
低下、認知試験スコアの変化とした。

14試験9万6,158例を包含、追跡期間は平均4.1年

 適格条件を満たした無作為化比較試験は14件で、被験者総数は9万6,158例だった。
被験者の平均年令は69(SD 5.4)歳、また女性は42.2%(4万617例)、平均収縮期血
圧値は154(SD 14.9)mmHg、平均拡張期血圧値は83.3(SD 9.9)mmHgであり、平均追
跡期間は49.2ヵ月だった。

 14試験のうち、認知症発生率または認知症・認知機能障害発生率を報告した12試験
(被験者総数9万2,135例、追跡期間平均4.1年)を包含し、主要アウトカムに関する
メタ解析を行った。副次的アウトカムの認知機能低下を報告した試験は8件、認知試
験スコアの変化も8件が報告されていてそれぞれ解析を行った。

 認知症や認知機能障害の発生リスクは、対照群7.5%に対し、降圧群は7.0%と有意
なリスク低下が認められた(オッズ比[OR]:0.93[95%CI:0.88~0.98]、絶対リス
ク低下:0.39%[95%CI:0.09~0.68]、I2=0.0%)。

 認知機能低下発生率について報告した8試験(追跡期間平均4.1年)の解析では、対
照群21.1%に対し、降圧群は20.2%と有意なリスク低下が認められた(OR:0.93
[95%CI:0.88~0.99]、絶対リスク低下:0.71%[95%CI:0.19~1.2]、I2=36.
1%)。

 なお降圧と認知試験スコアの変化には、有意な関連は認められなかった。

原著論文はこちら
Hughes D, et al. JAMA. 2020;323:1934-1944.
https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/276

(以上転載終わり)

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

「働き方改革」って言われていたけど

座業(=デスクワーク)が主で、腰痛が…とおっしゃっていた方が、
在宅就労になって、リビングのカウチとテーブルでパソコンに向かう…

明らかに高さ合わないでしょ?
でも腰は痛くないらしい…

なーんて、よく聞くんですよ。
いや、その逆もあるのかも知れないけど。

ここから先が「働き方改革」の本番なんじゃないかなー。

テレワークとかリモートとかね。
せっかく環境の整備をしたのなら、これからも有効活用しなきゃね。

きむら接骨院

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

そんなに心配しなくても

緊急事態宣言の解除対象になったことで、安堵した方もいれば
未だに不安を募らせて…という方、様々おいでのことと思います。

ちょっとデータを見てみましょうか。
新潟県で初めて陽性の方が出て以降、昨日までの県福祉保健部発表の
データによれば、
・PCR検査件数=だいたい3800件
・陽性=だいたい80件
・陽性率=80÷3800=2.1%
PCR検査の対象となる条件を満たした方、すべてがPCR検査を受けて
おられる前提ですが、疑いのある方が100名おられても、その中の2名しか
陽性の方がおられなかったということですね。
(偽陽性、偽陰性の方々を考えるとややこしくなりますので、今回は
考えないこととします)

直近の数値では陽性率0.7%だそうです。
つまり、「PCR検査対象となった方のうち、99.3%は陰性だった」ということです。

このデータ、読者の皆さんはどう評価しますか?
どう考えますか?
因みに、東京都で実施された抗体検査での陽性率は5%前後。
つまり、テレビ報道(「報道」と言って良いのかどうか)で、「感染者多発」の
印象のある東京都でさえ、「知らん間に感染していた」方々=不顕性感染者は、
無作為抽出された方々のうちの5%しかいなかったということです。

というわけで、今後のご参考にしていただけますと幸いに存じます。

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

何が秀逸って

公共放送の新型コロナ関連放送では、番組そのものよりも
「医師からのメッセージ」みたいなヤツやってるでしょ?
アレが良い。特に高齢者フレイルについて言ってる回が。

「身体面の機能低下。心理面の低下。それらが社会性の低下をも
惹き起こす。部屋に籠って、人との接触機会が少なくなって…」

情報バラエティ系番組は、もう見なくても良いでしょ?
特に民放のヤツは。

良い番組、どうでも良い番組、見分ける能力を身につけましょう。
そうすれば、「介護の手が必要になりそうな自分。同じ年齢なのに、
外出して元気に動き回るあの人」の違いが見えてくると思うよ。

そろそろ気づこうよ。

きむら接骨院

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

プロフィール
新潟県長岡市のきむら接骨院です。

きむら接骨院@長岡市

Author:きむら接骨院@長岡市
新潟県長岡市の きむら接骨院 です。
腰痛をはじめとした「痛み」や
「しびれ感」でお困りなら、
きむら接骨院へどうぞ。

新しい「腰痛診療指針」の策定以前から、
同様な趣旨の独自診療指針によって
成果をあげています。

きむら接骨院のサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR